株式会社ブルーム

株式会社ブルーム

補強・
耐震補強Method 02

FARB工法シリーズFARB

「FARB工法」(Floor Aramidfiber Reinforcement Bloom)とは、弊社が独自開発した補強技術です。
建築物のコンクリート等で形成された構造物をアラミド繊維と樹脂で補強します。
床への施工だけでなく、橋脚、柱、梁等を補強することも可能です。

アラミド繊維とは?

高強度・高弾性に優れる繊維質の素材です。
鋼材に比べて引張強度は向上するにも関わらず、比重は圧倒的に軽いため、補強後に構造体や基礎に影響するような荷重の増加を抑えることができます。
それ以外にも多くの優れた性能を持ち、航空機の部材・防弾チョッキ・消防防火服・プリント基板など幅広く使用されています。
シート状のもの(SAシート)や棒状のもの(SAロッド)など様々な形態があります。

SAロッドのイメージ画像 株式会社サフレへのリンク
  • 高強度

    鋼材の約7倍もの強度

  • 軽量

    鋼材の約5分の1の軽さ

  • 高耐久

    錆びず、耐水性・耐熱性に優れる

  • 自己消火性

    火災でも溶解収縮せずに炭化する

  • 非導電・非磁性

    電気を通さず、磁化しない

  • 衝撃吸収性

    衝撃に強い

FARB工法は
次のような環境でも
使用することができます

  • #海辺のコンクリート構造物
  • #温泉施設
  • #跨線橋・橋梁
  • #駅舎
  • #鉄道トンネル
  • #工場
  • #高速道路等の壁高欄
  • #ロックシェッド
  • #駐車場

FARB工法の種類Variation

FARB-F工法

床にSAシート(アラミドシート)を専用樹脂で貼付けることにより、強度を向上させるだけでなく床振動を抑えることができる工法です。

FARB-F工法の特徴
  • 引張強度が鋼材の約7倍あるSAシートを使用した補強です。
  • 素材が軽量の為、補強後の自荷重を低く施工ができます。
  • 非伝導性なので精密機械がある場所でも悪影響を及ぼしません。
  • 補強後は床のひび割れや床振動を軽減させます。

FARB-F工法
施工することにより
床の振動30~50%低減すること
が期待できます。

FARB-F工法で施工することにより床の振動を30~50%低減することが期待できます。
FARB-F工法の仕様
  • FARB-F工法(シングル仕様)
    FARB-F工法(シングル仕様)
  • FARB-F工法(ダブル仕様)
    FARB-F工法(ダブル仕様)

FARB-C工法

既存のRC造柱にSAロッド(アラミドロッド)を配置させ、最後にSAシート(アラミドシート)を貼り付けることにより曲げ耐力を向上させる独自の耐震補強工法です。

FARB-C工法の特徴
  • SAシート、SAロッドを用いた独自開発した耐震補強です。
  • せん断耐力だけでなく、曲げ耐力も向上させる新工法です。
  • 作業が省スペースで可能であるため営業中でも施工が可能です。
  • 素材が軽量の為、重機車両などが不要で施工性に優れています。

(承認申請中)

FARB-BG工法

既存RC造梁にSAロッド(アラミドロッド)を建て込み、SAシート(アラミドシート)を巻きつけることにより、曲げせん断耐力を向上させる独自の耐震補強工法です。

FARB-BG工法の特徴
  • SAシート・SAロッドを用いて曲げ耐力を向上しスラブからの負荷を軽減します。
  • SAシート・SAロッドは錆びないので塩害による鋼材腐食の心配がありません。
  • SAシート・SAロッドが軽量で上部作業に負担が少なく、施工性に優れています。
  • せん断耐力だけでなく、曲げ耐力も向上させる新工法です。
  1. ホーム
  2. 技術紹介 補強・耐震補強